コラム

コラム · 2018/06/30
江戸幕末に写真技術が輸入された時、リアルな真を写すものとして「写真」という訳語が与えられました。本物を写し取ったもの、という訳です。その意味ではGiflower picは写真ではありません。 え、だって花の写真でしょ。とツッコまれることと思います。 サイトの中の人から言うと、写真よりは漫画に近いかも。と感じています。 と、言いますのは撮影して、切抜き画像にして、組合せて、という中で拡大縮小などもされて花束化した際の印象のバランスを作り込んでいくからです。漫画で言うところのデフォルメという事がされています。 リアルな現実を、それを写し取っただけの写真。に対して、 リアルな現実を、リアルな人間がフィクションで構成するのが映画。 リアルな現実を、ヴァーチャルな画像でフィクションを構成するのが漫画。 リアルな現実を、ヴァーチャルな画像でフィクションを構成するのがGiflower pic、という訳です。